石原整体院

京阪丹波橋駅から徒歩20分
市バス「西丹波橋」から徒歩5分
駐車場あり

住 所
京都市伏見区毛利町122-5
営業時間
月~土 9:00〜21:00
 日  9:00~18:00
定休日
不定休

膝の痛みでサポーターをお探しですか? 京都で膝痛なら【石原整体院】

石原整体院の石原です。
いつもブログをご覧になっていただきありがとうございます。

本日のテーマ「膝の痛みでサポーターをお探しですか?」です。

膝のサポーターは種類も色々あってなかなかどれが良いのか見つけるのは難しいですね。

3種類くらいからが一番選びやすいそうです。

一択も選びにくいけれど、種類が多すぎるのも選べません。

今日のブログはサポーターの選び方のご紹介ではなく、なぜサポーターをするのか、する必要があるのかをお話していきます。

サポーターをする理由

●普段の日常動作での膝の痛みが緩和するのを期待

●膝をつくことが多いのでクッションが欲しい

●膝の冷え予防

●膝の靭帯損傷のサポート

このような用途がサポーターをする理由でしょうか!

それぞれサポーターの役割が違ってきます。

選ぶときもそれがポイントになりますね。

膝が痛い時のサポーター

ここでは一番用途が多いであろう膝が痛いときのサポーターの役割について考えてみます。

膝が痛くてサポーターをしたらなんとなく痛みがましになったように感じませんか?

関節の不安定性が減った

膝周りの血流が良くなった

この2つが痛みがましになる要因でしょう。

こんな例がありました。

半月板を断裂と診断され、手術も勧められている方が膝が痛いのでサポーターをされました。すると、膝が暖かくなり血行が良くなったせいか痛みが緩和したそうです。

医師からは半月板を縫合する手術を勧められていたにもかかわらずサポーターをすると少し痛みが良くなったと聞いてどう思いますか?

素直に考えると、

まず、良くなった要素は関節が温まり、血行が良くなったという点です。

サポーターをしたからといって半月板は治りません。

だけど少しましになる!

もしかしたら半月板を手術しなくても良くなるとおもいませんか?

何かしら膝の血行が悪くなる要因があるので痛みがでていると考えられます。

実はこれはサポーターをすることで膝の痛みを取るヒントになっていますね。

膝が痛くて病院に行ってMRIまで取ると半月板が断裂していた。

その説明を医師からされると「あー、それで膝が痛いのか!」とガッテンしませんか?

思い込み

膝の現状が半月板の断裂があることが検査でわかったため、これが痛みの主原因と思いがちですが、必ずしもそうではないのです。

それはサポーターをして実感したからです。

半月板は血流が非常に乏しい組織ですので回復力が悪いです。

またここが重要なポイントですが、痛みを感じるにはその痛みをキャッチするセンサーが必要です。これを侵害受容器、あるいは自由神経終末といいます。

これがないところでは痛みはキャッチされませんので脳へ痛みの情報が行きません。

つまり、痛みは感じないということです。

半月板を断裂した原因がスポーツ等による外傷の場合はそこから痛みが出ることが多いですが、年齢や生活習慣で徐々に半月板に負荷がかかって起きた断裂とは異なってきます。

例のようにサポーターをして膝の痛みが緩和するケースでは、サポーターによって膝周りの血流が改善し、関節が安定したからと言えます。

であれば、血流と関節の安定をサポーターがなしでも実現するように体を整えてあげれば、膝の痛みは改善することが期待できます。

サポーターをして良くなるのなら

サポーターをすることで関節をある程度安定させることができ、筋肉の負荷を減らすことができます。

それが関節の安定を生み、筋肉の負荷軽減により血流の改善になるので痛みがマシになります。

体全体のバランスを整えて自力で関節の安定を作り、筋肉の負荷を減らせば、サポーターの役目は終わり膝の痛みも取れます。

サポーターをして改善がみられるということは筋骨格のバランスを整えれば改善するということです。

筋骨格のバランスを整えなければ、ずっとサポーターで補うことになるでしょう。

サポーターは痛みが改善するかどうかの指標になります。

ただし、膝の状態に合わせたサポーターをしていなくて痛みが緩和しない場合はサポーターのチョイスミスの可能性があるでしょう。

石原整体院では

最初にしっかりとカウンセリング(問診)をさせていただきます。

どのような経緯で痛みが引き起こされたのかなど詳しくお尋ねしていきます。

病院では長く待たされた結果、診察は3分しかしてもらえなかったとか質問もできる雰囲気でなかったというお声も患者様からよくお伺いします。

当院ではなぜ痛みが出たのか患者様本人にもしっかり認識していただくようにしています。

本人がなぜ悪くなったか理解していなければまた同じことを繰り返し、同じ痛い目にあいまた同じ時間かそれ以上の時間を治療に必要としてしまう可能性があるからです。

こういった時間や費用の無駄をしてほしくないからです。

治療以外のご自身の生活時間においても治療効果を高めたり、予防になるセルフケアもお伝えします。

膝の痛みでお困りな方は

石原整体院のホームページを覗いてください。

あなたのお役にきっと立てるはずです。

 

痛みの悩みはこちらまで!

友だち追加

追伸

石原整体院では私一人で患者様一人一人を診させていただいています。

そして毎月多くの患者様に通院していただいています。

当院に来られる以前には整形外科や接骨院を何軒も渡り歩いてこられた方もおられます。

渡り歩いて来られたということはその痛みは良くならなかったということでしょう。

そのような方々は痛みはもうこれ上良くならないからうまく付き合っていきましょうと言われています。

そして痛みの原因は

✅骨が変形しているから

✅軟骨がすり減っているから

✅体重が重いから

✅筋力が無くなったから

✅老化だから

と、上記のことを刷り込まれてしまっています。

当院ではそのような方でも痛みから解放された方がたくさんいらっしゃいます。

今の現状を変えたい!と本気で思われている方には当院は全力でサポートさせていただきます。

でも

「この痛みをなんとかしたい。でも治らなかったらどうしよう…」
「このまま痛みや痺れでちゃんと歩けなかったらどうしよう…」

といった不安な気持ちを持っておられるのであれば…
そんな時こそ、石原整体院にお越しください。

あなたが一歩踏み出した勇気、私が受け止めます。

私の技術はそんなあなたのためにあるのです。

石原整体院で施術を受けてあなたも諦めていた変化を手に入れて下さい!

痛みを本気で根本から治したい方はこちらをクリック!

LINE登録はこちら

友だち追加

  • 膝の痛み


お試しキャンペーン中!

6 月 末 日までの期間限定

施術1回 通常 6,500

 

2,980

お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

予約
優先制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

075-202-7646 075-202-7646

受付時間 午前9:00〜21:00(日は18:00まで)

石原整体院

住所
〒 612-8373
京都市伏見区毛利町122-5
アクセス
京阪丹波橋駅から徒歩20分
市バス「西丹波橋」から徒歩5分
代表者
石原英和
電話番号
075-202-7646 075-202-7646

土も21:00まで受付しています!日曜日も18時まで受付しています!

営業時間
9:00〜19:00

受付時間:18:00まで

19:00〜22:00

受付時間:21:00まで

ソーシャルメディア

LINE ID
@vzu3005s
お友達登録はこちら
https://line.me/R/ti/p/%40vzu3005s

PAGETOP